門から遠く離れて

僕が初めて読んだ仏教の本は、アルボムッレ・スマナサーラさんの「怒らない練習」です。 だから怒りについて考えることから、僕は仏陀の世界に入りました。

でもその前に、どのように考えていたかを振り返っておきます。それと対比させて、今を見てみたいからです。(このように、僕のつぶやきを一つの資料として、使うことは今後もよくあると思います)。












半年くらいのtweetからピックアップしたものです。意外と今の考え方に近く、そもそもテーラワーダ(上座部仏教)的な世界と親和性のある考え方をしていたのだなと思います。

でも重要なのは、そのような考え方を持ち、方法への示唆も視野に入っていたのに、怒りをまったくコントロールできていなかったことです。

僕という人間は長い間、生まれてからずっとですね、怒りや欲といった感情全般について out of control でした。二十歳を過ぎ、小説を書くようになってからはそれを意識的にも許しました。そもそも制御できなかったのに、さらに許可を与えて生きてきた。抑圧するのは良くないのだと、不自由であるのだと、感性を殺すのだと。

結果として、これまでの生は荒馬に翻弄されたものになりました。自由であると思いなしながら、激しく揺さぶられ、いろんなところにぶち当たってけがをしながら生きてきました。

でも、「止まってくれ」と思っても、そんなのは荒馬に通じません。「消したい」「コントロールしたい」といった意思は、ただの一度も効力を持ちませんでした。

自制心の強い人は別でしょうが、僕の感情は燃え上がることはできても、自在に冷ますことはなかなかできないのです。そうして暴発が起きる。選んだわけでもなく、止めることもできない。

もちろんエネルギーではあるでしょう。それは確かです。否応なしに衝き動かすエネルギーです。ただ意味のないものでもあります。だって目的に使うとかはできないんですから。制御できなければ、使えないのと一緒です。暴発を繰り返し、人を勝手に動かすだけのものです。突然火山が噴火するように、地震が起きるように、災害ばかりが発生します。

僕にとってこの在り方は苦しかった。その苦しさは、消えなかった。


ここからわかるのは、「どのような思想を持っているか」は、少なくとも僕には、現実的な力を持ちえなかったということです。意外と悪くない思考をしていたとは思います。ですがそれは、無力だったのです。

思想や思考は何も変えてくれなかった。なにがしかの、実践が必要だったのだと、今は思います。

で、仏教には実践があった。その実践は、やり始めた途端に、強烈な影響を及ぼしました。
ので、次は、その実践について書きましょう。多分。

(精神分析にもあったのだけれど。それについてはのちに書きます)。

コメント

このブログの人気の投稿

ラベリング瞑想という言葉やラベリングにまつわる問題について

慈悲の瞑想について ヒントになることのそのリンク集

熱海仏法学舎でのヴィパッサナー瞑想合宿に参加したので情報共有