施捨の随念

施捨の隨念とは、40あるサマタ瞑想の一つです。サマタ瞑想というのは、瞑想という言葉でイメージするあの瞑想っぽいです。つまりある対象を念じ、集中し、集中力を極限まで高めて、神秘的な感覚に至るような。ああいう瞑想。

(このブログではあまりサマタ瞑想は取上げてませんが、一応以下のような記事があります。ご参考まで。 サマタ瞑想の分類・禅定に達するか・どのような智慧を得られるか

で、この施捨随念は何か良いこと、チャリティとかそういうことをしたときにします。というか、この随念をすると、さらに気分良くなれます。

よいことというのは、お寺へのお布施とかに限らず、電車で席を譲ったとか、国境なき医師団に寄付したとか、ホームレスの人に千円上げたとか、道を教えるのに付き合ってあげたとか、何でもよいと思います。何か、自分のものや労力を、見返りを求めることなく分け与えたときに。偽善かどうかとか一切考えず、分け与えた瞬間に、すでに善いことをしています。

意外と仏教は、自分の気分をよくしますね。 私もよく、これを唱えています。

日本語としては若干こなれていないので、好きにアレンジしていいと思います。自らのうちの、自我を削り取る、薄くする実践を確認するという作業かなと思います。

こちらに載っています。サマタ瞑想を知りたい方はお買い求めください。

ブッダの実践心理学―アビダンマ講義シリーズ〈第7巻〉瞑想と悟りの分析1
ブッダの実践心理学―アビダンマ講義シリーズ〈第7巻〉瞑想と悟りの分析1アルボムッレ・スマナサーラ 藤本 晃

サンガ 2012-10-23
売り上げランキング : 202500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブッダの実践心理学―アビダンマ講義シリーズ〈第8巻〉瞑想と悟りの分析2(ヴィパッサナー瞑想編) ブッダの実践心理学―アビダンマ講義シリーズ〈第6巻〉縁起の分析 アビダンマ講義シリーズ〈第5巻〉業(カルマ)と輪廻の分析―ブッダの実践心理学 ブッダの実践心理学 第4巻 (4) 心の生滅の分析 (アビダンマ講義シリーズ) アビダンマ講義シリーズ〈第2巻〉心の分析―ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ〈第3巻〉心所(心の中身)の分析―ブッダの実践心理学 ブッダの実践心理学 (アビダンマ講義シリーズ―物質の分析) (アビダンマ講義シリーズ (第1巻 物質の分析)) 大念処経 (初期仏教経典解説シリーズ) 悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 (幻冬舎新書) ブッダの実践心理学 第三巻 心所(心の中身)の分析(サンガ文庫) (アビダンマ講義シリーズ) [文庫]

施捨随念


これは私にとっては得です。確かに大得です。

衆生の心が「物惜しみ・ケチ」という汚れに抑えられているのに、

私は物惜しみ・ケチの汚れに染まらないで、在家生活をしている。

私の心は施捨に開かれている。施しの手を差し伸べている。

譲るのが好きです。頼りにされる性格です。

与えて分け合うことを喜びとします。


コメント

このブログの人気の投稿

慈悲の瞑想について ヒントになることのそのリンク集

初期仏教、ヴィパッサナー瞑想、慈悲の瞑想などに関する本・リンク集

慈悲の瞑想