#tTMC : twitter Theravada Meditation Circle/Crossover 「Twitter テーラワーダ瞑想サークル/交差点」 のこと

(2016/11/15追記: 出発当初、雨で、ああ屋内かなと思っていたところ、着いたら雨が上がりました。また、2,3人かなと思っていたのに、総勢で5名になり、本当にありがたい一日でした。瞑想したりお話ししたり。人気の少ない代々木公園で穏やかに過ごせました。)


Twitter上でのテーラワーダ瞑想サークル/交差点の情報です。10/8 に第1回の #tTMC をやろうと思います。参加される方の参考のために覚書的に書いておきます。

1. 第1回の日時: 2016年10月8日 土曜 13時ごろから日の入りまで

終わり時間は日が沈むころと思ってます。また、その後、気が合う人とお食事などにいくのはご自由にどうぞ。

2. 第1回の場所: 代々木公園のどこか

TwitterでGPS情報つけて呟きます。あとは、お香でも炊いておくので、それを目印に来てください。わからなかったら、080-5519-0886 までお電話ください。雨天はどこかの喫茶店などに生きたいと思います。いいところがあったら教えてください。

3. 今後の日時: 月に一回程度、土日・祝日

雨天の対応は2と同様です。

4. 今後の場所: 暖かい季節は公園や海やどこかの広場で、寒い季節はどこかの会場で

座布団のある和室などをよく利用すると思います。たまにはお茶会として、ただおしゃべりすることもあるかもしれません。もちろんテーマはこれ↓に関するものですが。

5. 参加不参加、参加時間のこと:

予約・参加表明、ご連絡などは不要です。参加時間も、勝手に来て勝手に去っていただければ。ご挨拶していただいてもいいですし、しなくてもいいです。

6. どんな瞑想か: テーラワーダ仏教系の瞑想

なぜ限定するかというと、瞑想というと非常に幅広いのと、発起人の私はこれしか知らないからです。
  • スマナサーラ長老のマハーシ系
  • プラユキ師のチャルーンサティ
  • パオ僧院系
  • グナラタラ長老系
  • プッタタート長老系 
  • その他、昨今のマインドフルネスなど

7. 何をするのか: 瞑想実践、瞑想に関する雑談、原始仏教に関する雑談など

日ごろ自分の実践で疑問に思っているところがあるけど、JTBA行くまでもないし…といったようなことなども聞きやすい場になればと思います。もちろんしっかりした答えが得られる保証はありませんし、間違ったことを教えられる可能性もあります。基本はJTBAなど、ちゃんとしたところに聞くのが一番です。が、今度一緒にいきましょうか、などということもあり得るかもしれません。瞑想会や合宿の情報などもご提供できます。
プチ無言行のような感覚で。でも必要なことは遠慮なく。


8. 何をしないのか: 飲酒・音楽・とめどないおしゃべり、意見を戦わせる議論

  • 飲酒したら瞑想はできません。
  • 音楽を一人で聞く分にはいいかもしれませんが、瞑想されてる人の邪魔になる音量になっちゃうと困りますし、テーラワーダ仏教系の瞑想では音楽は聞きませんので。
  • 同じ理由でとめどないおしゃべりも控えましょ。
  • 議論というのも、一見有益に見えますが、我を張ってしまうことが多いです。なので気をつけた方がよいかなーと。感情的になってしまっても残念なので。
  • ですが、上の内容に関することは遠慮なく。また、禁止をしたいわけではないので、これらをやりたくなったらちょっと離れてやるとか、そういう工夫はどしどしやっていただいて構いません。

9. 持ち物: 

  • レジャーシートなど座るもの。
  • 小腹空くのが心配ならおやつなど
  • 飲み物
  • 本格的に座る瞑想する場合は坐蒲など
簡単に言うと、自分の面倒は自分で見てもらえれば、という発想です。逆に言えば、誰も他人の面倒を見る必要はありません。

10. 服装: ゆったり目の服

ミニスカートとかスキニージーンズとかは座れないと思うのでやめた方がよいと思いますです。

11. 参加費: 無料

  • ここへの参加は全くの無料です。入場料がある場所ではご自身の分はお出しください。(貸会議室などの費用は、下記のお賽銭から出します。)
  • お気持ちでお賽銭をお願いします。部屋を借りるときなど、経費がかかる時はそれに充てて、 残りは日本テーラワーダ仏教協会(JTBA)に #tTMC参加者一同 って名前でお布施したいと思います。もちろん自由です。出すかどうかも額も。額の多寡も問題ではありません。それぞれの状況があります。

12. その他:

  • Twitterでは、#tTMC というタグをつけて、自由自在に開催してもらっていいと思います。別にリアルで会わなくてもいいですし。会うのは一つの句読点みたいに、なんとなく入れておいてもいいと思いますが。ネット越しに一緒にやりましょう、などということもいいですしね。
  • 将来的には、様々なお坊さんなどに来ていただいて瞑想を教えていただいたり、講演してもらったり、といったことなどもぼんやり考えてたりします。


コメント

このブログの人気の投稿

ラベリング瞑想という言葉やラベリングにまつわる問題について

慈悲の瞑想について ヒントになることのそのリンク集

熱海仏法学舎でのヴィパッサナー瞑想合宿に参加したので情報共有